プロフィール

千葉混声合唱団のご紹介

千葉混声合唱団は、1951年に故青木八郎氏のもと誕生した青葉合唱団を母体とする千葉県で最も歴史のある合唱団の一つです。1961年に千葉混声合唱団と改称し、1981年に現指揮者の伊賀美哲氏を指導者として迎えました。

(千葉混声合唱団の歩みはこちら

2000年に千葉市主催「ぱ・る・るプラザ・オープニング・コンサート」に出演し、J.S.バッハの「ロ短調ミサ曲」を演奏しました。さらに2001年にJ.S.バッハの「マタイ受難曲」を演奏しました。以来毎年8月の定期演奏会では、わが国で活躍している有望なソリストを迎え、ヘンデルの「メサイア」、モーツァルトの「レクイエム」、J.S.バッハの「ヨハネ受難曲」などの宗教音楽の大曲を演奏してきています。

2011年の東日本大震災では復興支援のため、県下の合唱団に参加を呼びかけて「とどけ歌声 被災地へ」チャリティーコンサートを立ち上げ、集まった義援金を千葉市役所を通し日本赤十字社に贈りました。以来毎年、「とどけ歌声 被災地へ」コンサートを続けて、千葉県旭市、熊本県に義援金を届けています。

2017年11月19日には、かつらぎフィルハーモニー管弦楽団 とベートーベン第九交響曲で共演いたしました。

現在は、2018年8月の定期演奏会を目指して、
 シューベルト ミサ曲第6番 変ホ長調
 モーツァルト 戴冠ミサ曲 ハ長調
を練習しています。

練習は毎週火曜日18時45分から21時まで。場所は、小中台公民館、稲毛公民館を使っています。練習場所はその都度変わりますので、練習スケジュールをご確認下さい。

小中台公民館  
稲毛公民館   

次回定期演奏会 第50回定期演奏会

 W.A. モーツァルト戴冠ミサ曲 ハ長調 K.317
 F. シューベルトミサ曲第6番 変ホ長調 D950
 日時未定
 場所未定
 指揮伊賀美 哲
 合唱千葉混声合唱団