previous arrow
next arrow
Slider

千葉混声合唱団は、1951年に故青木八郎氏のもと誕生した青葉合唱団を母体とする千葉県で最も歴史のある合唱団の一つです。1961年に千葉混声合唱団と改称し、1981年に現指揮者の伊賀美哲氏を指導者として迎えました。

(千葉混声合唱団の歩みはこちら

2000年に千葉市主催「ぱ・る・るプラザ・オープニング・コンサート」に出演し、J.S.バッハの「ロ短調ミサ曲」を演奏しました。さらに2001年にJ.S.バッハの「マタイ受難曲」を演奏しました。以来毎年8月の定期演奏会では、わが国で活躍している有望なソリストを迎え、ヘンデルの「メサイア」、モーツァルトの「レクイエム」、J.S.バッハの「ヨハネ受難曲」などの宗教音楽の大曲を演奏してきています。

2011年の東日本大震災では復興支援のため、県下の合唱団に参加を呼びかけて「とどけ歌声 被災地へ」チャリティーコンサートを立ち上げ、集まった義援金を千葉市役所を通し日本赤十字社に贈りました。以来毎年、千葉県内の合唱団と協力しあい、「とどけ歌声 被災地へ」コンサートを続け、千葉県旭市、熊本県、北海道など被災地に義援金を届けています。2018年には、福島県に、2019年には北海道に義援金を届けました。

2017年11月19日には、かつらぎフィルハーモニー管弦楽団 とベートーベン第九交響曲で共演いたしました。

2018年8月18日火曜日 千葉市民会館にて、第50回記念定期演奏会を実施し、

 シューベルト ミサ曲第6番 変ホ長調
 モーツァルト 戴冠ミサ曲 ハ長調

を演奏致しました。

現在は、2019年秋の定期演奏会を目指して、
 ヘンデル メサイア全曲
を練習しています。

練習は毎週火曜日18時45分から21時まで。場所は、小中台公民館、稲毛公民館を使っています。練習場所はその都度変わりますので、練習スケジュールをご確認下さい。

小中台公民館  
稲毛公民館   

最新情報

2020年定期演奏会は中止いたします

2020年の定期演奏会は、現在の新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、大変残念ですが中止とさせていただきました。
ご理解頂けますようお願いいたします。

なお、70周年記念演奏会は、「マタイ受難曲」に決定し、練習開始しています。
日程会場については未定ですが、決定次第ホームページでお知らせします。

練習予定改訂

5月までの練習予定をアップしております。
3月21日 京葉銀行音楽プラザホールにてミュージックフェスティバルに出演します。
5月6日 四街道市文化センターにて、とどけ歌声被災地へ!に出演します。
森川

とどけ歌声被災地へコーナー 設置

とどけ歌声被災地へコンサートの活動についての説明をHPに追加しました。合わせて、2017年5月のコンサートの会計報告をトップページに入れ込んであります。

森川

役員会

8月8日 16:30より、稲毛公民館にて千葉混声合唱団の役員会が行われます。

関係者の方はお集まりください。

 

カレンダー表示

カレンダー表示が正常になりました。

データの変更も完了しております。

いろいろご迷惑をおかけしてすみません。

森川

「とどけ歌声被災地へ! 2020」 中止のお知らせ

 

この度の新型コロナウイルスの感染拡大防止に係る政府発表の方針に従い、ご来場のお客様のご健康と感染拡大の防止のため、2020年5月6日開催予定でした「とどけ歌声被災地へ!2020」の中止を決定いたしました。

 

本公演のご来場を予定していた皆様には、突然のご報告となってしまったことを深くお詫び申し上げます。

第51回定期演奏会

第51回定期演奏会が終了いたしました。

G.F. ヘンデルメサイア
日時2019年9月23日(月曜日・祝日)
12:45開場、13:30開演
場所千葉県文化会館
指揮伊賀美 哲
合唱千葉混声合唱団
ソプラノ椎名 舞
アルト喜田 美紀
テナー与儀 巧
バス青山 貴
オルガン野本 哲雄
管弦楽千葉室内合奏団

 

とどけ歌声被災地へ!2019 義援金について

 

 とどけ歌声被災地へ!2019の義援金は、2019年5月7日、北海道東京事務所に寄附されました。

 

 義援金の詳細につきましては、下記のとおりです。

   報告書(本文書、MSワード)

   会計報告書(エクセル)

   「とどけ歌声 被災地へ」コンサート

以下は、5月7日に北海道東京事務所を訪問し、所長に支援金をお渡しした時の写真です。

千葉混声合唱団 NHK-新BS 日本のうたへ出演

 

大ニュースです。

平成30年11月5日に、突然「NHK-新BS日本のうた」を製作している会社から、このHP経由で番組への出演依頼がありました。合唱団で話し合いの上、有志の方々で番組に出演することになりました。

12月19日水曜日にリハーサル、20日木曜日に本収録が、千葉県文化会館で行われました。大江裕さんの歌う、木枯らし紋次郎の主題歌「誰かが風の中で」で、私たちはバックコーラスを担当しました。

放映は以下のスケジュールで行われます。皆様乞うご期待!!!!

NHK-BSプレミアム 新BS・日本のうた

本放送:2月3日(日曜日)19:30-21:00

再放送:2月9日(土曜日)00:00-01:30

再放送:2月15日(金曜日)16:30-18:00

出演:小松宏司アナ、五木ひろし、天童よしみ、角川博、大江裕 他

 

前回 定期演奏会 第50回定期演奏会

 

 

 W.A. モーツァルト戴冠ミサ曲 ハ長調 K.317
 F. シューベルトミサ曲第6番 変ホ長調 D950
 日時2018年8月18日(土曜日)
  13:30開場、14:00開演
 場所千葉市民会館大ホール
 指揮伊賀美 哲
 合唱千葉混声合唱団
 ソプラノ藤田 美奈子
 アルト喜田 美紀
 テナー与儀 巧
 バス大井 哲也
 オルガン野本 哲雄
 管弦楽千葉室内合奏団

 

千葉・楽友協会 ちば「ミュージックフェスティバル」

 

 3月21日12時、中央区富士見1の3の2、京葉銀行文化プラザ音楽ホールにて開催された、千葉・楽友協会ちば「ミュージックフェスティバル」に参加しました。

 3月末の京葉銀行文化プラザ閉館されますので、同ホールでの最後のコンサートでした。千葉・楽友協会主催のコンサートにこれまで出演した音楽家18組が顔をそろえました。

 楽友協会ちば(伊賀美哲会長)は「千葉でクオリティーの高いクラシックを」と2010年に設立されました。ニューイヤーコンサートやアフタヌーンコンサート、東日本大震災チャリティーコンサートなど、プロの音楽家によるコンサートを同ホールで開いてきました。

 今回のプログラムはピアニストの楠原祥子さんによる「ワルツ作品38」(スクリアビン)やバリトン歌手の小林涼さんによる「忘れな草」(クルティス)、千葉混声合唱団による「侯爵様、あなたのようなお方は」(歌劇「こうもり」より、J・シュトラウス2世)などが演奏されました。また、最後に出演者全員で、ヘンデルのオラトリオ「メサイア」からハレルヤコーラスを披露しました。

 当合唱団の椎名康子団長は「声楽、ピアノ独奏、合唱、アンサンブルと豪華なコンサートです。多くの人に楽しんでほしい。」と事前に来場を呼びかけておりました。また、当合唱団指揮者の伊賀美楽友協会・千葉 会長は「千葉混声合唱団はプラザのオープニングコンサートでバッハのロ短調ミサ全曲を演奏した。このホールによって育てられたことを思うと閉館はとても残念。音楽ホールの復活を願ってハレルヤコーラスを会場の人たちと共に歌い上げます。」と話しておられました。