「とどけ歌声被災地へ」コーナー

とどけ歌声被災地へ!コンサートの経緯

2011年3月11日、東日本大震災が起こりました。この大災害を間近に見た私たちは、「好きな歌を歌うことで、少しでも災害で苦しんでいる人たちの役立ちたい」という想いを持って、千葉県内の合唱団、合唱グループに呼びかけ、合同コンサートを実施し、収益金を被災地に送ることを考えました。そして、同年5月7日に、私たちの趣旨に賛同された千葉県内23団体と共に、チャリティーコンサートを実施しました。和やかで心地よく感動的なコンサートでした。こうして、私たちは千葉市を通じて日本赤十字社に91万円程の義援金を贈ることができました。

その後も、原発事故で故郷に帰れない方々を始めとして、災害に苦しんでいる人々が大勢おられることを考え、このコンサートを続けることを決意しました。そして毎年5月に趣旨に賛同される合唱団体とともにチャリティーコンサートを実施し、2017年5月5日のコンサートで6回を数え、毎年被災地へ義援金を送ってまいりました。

2016年5月のチャリティーコンサートの直前4月14日には熊本地震が発生し、多くの被災者が家を失いました。そこで2016年5月および翌年2017年の5月のコンサート収益金は、熊本県に送らせていただきました。

2018年も昨年同様、チャリティーコンサートを実施し、義援金を被災地へ送ろうと考えております。